• ホーム
  • 安心7カ条
  • 医院紹介・アクセス
  • スタッフ紹介
  • お悩み別メニュー
  • 料金表

歯が抜けてしまった(インプラント)

インプラントとは

インプラントとは 画像歯が抜けたままになっていると、お口や体にさまざまな影響がでます。歯のないところはプラーク(歯垢)がたまりやすくなり、少しずつ周りの歯にダメージを与え、口内環境のバランスが崩れます。

インプラント治療は、歯を失った部分の顎の骨にチタン製のインプラント(人工歯根)を埋め、その上に人工歯を被せる治療で、天然の歯とほぼ変わらない見た目と噛み心地が手に入ります。

チタンは顎の骨と親和性が高く強固に結びつくため、自然な噛み心地を回復することができます。
また人工歯はセラミック製のため、ご自身の天然の歯と変わらない美しさを再現することができ、自然な見た目に仕上がります。ブジッジや入れ歯と比べ、インプラントは天然の歯に一番近い構造を持っており、周りの歯に負担をかけずに失った歯を補うことができます。


インプラント治療のメリット

  •  しっかり噛めるため食事を楽しめます

  •  見た目が自然で、お口の中の違和感もないので、会話を楽しめます

  •  噛む力が顎の骨に伝わるので、顎の骨がやせません


インプラント治療のデメリット

  •  外科手術が必要です

  •  顎の骨が薄い方や、全身疾患のある方など治療が難しい場合があります

  •  保険適用外です


治療の流れ

カウンセリング

患者さんの症状やご要望、健康状態を伺い、インプラントの治療について詳しくご説明します。十分に納得して治療が開始できるように、治療期間や治療費についてもお話します。

検査・診断

検査・診断 画像実際にお口の中を詳しく調べます。お口の中の状態や噛み合わせを把握するため、CT撮影で顎の骨の量や質まで精密に検査いたします。CTの画像を基に、シミュレーションソフトを使って、実際に埋め込む位置の確認もできます。

1次手術(インプラント埋込)

歯根にあたるインプラントを顎の骨に埋める手術を行います。手術は麻酔をかけて行うので、痛みの心配はありません。

治癒期間

インプラントが顎の骨と結合するまで、2~6ヵ月の治癒期間をおきます。この治癒期間中は、必要に応じて仮歯をご使用いただけます。レントゲンで経過を確認します。

2次手術(アバットメント装着)

インプラントと骨がしっかり結合したことが確認できたら、インプラントにアバットメントとよばれる人工歯の土台を取り付けます。

人工歯の装着

型取りをして作製した人工歯を取り付け、インプラント治療は完了です。インプラントを長く使っていただくために、ご自宅でのケアを十分に行いましょう。

メンテナンス

インプラント治療後も、定期的に来院していただきメンテナンスを行います。治療後の経過と、お口の中の環境を確認します。インプラントを長持ちさせるためには、定期的なメンテナンスが必要不可欠です。


インプラント治療方法(1回法・2回法)

インプラントの治療には大きく分けて、歯ぐきを開く手術を1回行うか2回行うかの2種類があります。インプラントの埋入手術後、その上に歯ぐきを被せて治癒を待ち、再度アバットメント取り付けの手術を行うのが『2回法』、インプラント埋入の際、アバットメントを露出させた状態にするのが『1回法』です。

1回法は手術の回数が少ないので、患者さんの負担は少なく治療期間が短くすみますが、適用できない場合や感染のリスクなどの問題もあるため、患者さんに合った治療方法をご提案いたします。


All-on-4(6)

All-on-4(6)は、総入れ歯をお使いの方や多くの歯をなくした方のためのインプラント治療法です。従来の治療方法では、すべての歯を失った方は骨の移植をしたり、8~14本の多くのインプラントを埋め込むのが一般的でした。そのため、手術時間も長く、患者さんへの負担が大きいという問題点がありました。

しかしAll-on-4(6)は、奥歯の部分のインプラントを斜めに埋め込むことで力を広く均等に配分し、片顎に4本または6本の最小本数のインプラントですべての人工歯を支えられます。この治療方法は、固定性の歯を1日で取り付けられるため、患者さんの手術や費用の負担を最小限に抑えることができます。


骨が足りない方へ(サイナスリフト、ソケットリフト、GBR)

インプラント治療のためには、インプラントをしっかりと固定するための十分な骨の厚みと高さが必要です。骨が足りない場合には、事前に骨再生治療を受けることも可能です。


サイナスリフト

上顎の骨の高さがなりない場合、上顎洞と呼ばれる部分に骨の補填を行います。上顎洞の側面から行うため、多くの補填が可能です。


ソケットリフト

サイナスリフト同様に上顎洞に骨の補填しますが、ソケットリフトは下から行います。体への負担はサイナスリフトよりは少なくすみます。


GBR

下の顎の骨の厚みが足りない場合などに用いられます。骨を補填したい部分に骨補填剤を入れ、メンブレン(人工の膜)で覆い、骨の再生を待ちます。

  • お悩み別メニュー
  • 歯が痛む・歯がしみる[一般歯科]
  • 歯ぐきから血が出る 歯がぐらぐらする[歯周病]
  • 歯が抜けてしまった[インプラント]
  • 健康な歯を保ちたい[予防歯科]
  • 歯を白くしたい 歯ぐきをきれいにしたい[審美歯科・ホワイトニング]
  • お子様の歯を守りたい[小児歯科]
  • 歯並びが気になる[矯正歯科]
  • 親知らずの抜歯をしたい 顎が痛む[親知らず外来・口腔外科]

医療法人社団 栄潤会

Copyrightc医療法人社団 栄潤会 LaLaテラス歯科クリニック All Rights Reserved.