• ホーム
  • 安心7カ条
  • 医院紹介・アクセス
  • スタッフ紹介
  • お悩み別メニュー
  • 料金表

健康な歯を保ちたい(予防歯科)

予防歯科とは

予防歯科とは 画像虫歯や歯周病は初期段階の自覚症状が少なく、気づいた時にはかなり進行していることがあります。
歯や歯周組織は一度失われると元には戻らず、健康な歯に比べると丈夫ではありません。
そのため病気になる前に予防することが、お口の健康にとって何よりも大切です。

虫歯や歯周病を予防するためには、普段の歯磨きと定期的に歯科医院で健診を受けることが大切です。


定期健診について

3~6ヵ月に一度ご来院いただき、虫歯や歯周病などの異常がないかのチェックをします。自覚症状のない初期段階の虫歯や歯周病も発見できますので、最小限の治療ですむことも多くなります。


PMTC

PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの略で、歯科医師や歯科衛生士などが専門的な機器を使って行うクリーニングのことです。
普段の歯磨きでは、歯と歯の隙間や歯と歯ぐきの間など完全に汚れを取り除くことは難しいため、特殊な機器を使って徹底的にクリーニングします。
プラークをしっかりと取り除くため、虫歯や歯周病の予防にもなります。また、歯の表面に付いた着色や汚れも落とせるので、見た目もきれいにピカピカになります。


PMTC 画像


ブラッシング指導


ブラッシング指導

ブラッシング指導 画像自分では丁寧に歯磨きをしているつもりでも、癖や歯並びの関係できちんと磨けていない方も多くいらっしゃいます。

ブラッシング指導では患者さんに合った歯磨きの方法を指導します。患者さんに合った歯ブラシ選び、歯ブラシの持ち方、磨き方、ブラッシング回数をお教えします。


唾液検査

唾液には消化だけでなく、お口の中の環境を整えるためのさまざまな働きがあります。唾液検査を行うことで、お口の中の細菌の検査だけでなく、虫歯になりやすいかどうかを知ることができます。

虫歯の原因は主に3つあります。虫歯菌の数、歯を守る力、食事の習慣です。検査は、5分間ガムを噛んでいただいて、その間の唾液を採取します。その唾液から、「唾液の量」「唾液の中和力」「虫歯菌の数」がわかります。


唾液の量

唾液の量が多いと虫歯になりにくくなります。唾液には、歯やお口の中を洗浄する『洗浄作用』、プラークの形成を抑える『殺菌抗菌作用』、再石灰化を促進する『抗脱灰作用』があります。


唾液の中和力

お口の中の酸・アルカリを中和する緩衝作用の機能について調べます。これが低下していると、虫歯菌が作り出す酸を中和することができません。


虫歯菌の数

虫歯の原因となる菌は多数ありますが、特にリスクの高い菌について判定することができます。

  • お悩み別メニュー
  • 歯が痛む・歯がしみる[一般歯科]
  • 歯ぐきから血が出る 歯がぐらぐらする[歯周病]
  • 歯が抜けてしまった[インプラント]
  • 健康な歯を保ちたい[予防歯科]
  • 歯を白くしたい 歯ぐきをきれいにしたい[審美歯科・ホワイトニング]
  • お子様の歯を守りたい[小児歯科]
  • 歯並びが気になる[矯正歯科]
  • 親知らずの抜歯をしたい 顎が痛む[親知らず外来・口腔外科]

医療法人社団 栄潤会

Copyrightc医療法人社団 栄潤会 LaLaテラス歯科クリニック All Rights Reserved.