• ホーム
  • 安心7カ条
  • 医院紹介・アクセス
  • スタッフ紹介
  • お悩み別メニュー
  • 料金表

お子様の歯を守りたい(小児歯科)

お子さまの歯の治療について

お子さまの歯の治療について 画像乳歯は永久歯に比べて虫歯になりやすいのが特徴です。しかし初期の虫歯は気づきにくく、お子さんの場合は、特に進行が早いため、気づいたら広範囲に広がっていることがあります。

乳歯には永久歯が生えるまでの一時的な役割だけではなく、永久歯をきれいに生やすための大きな役割があるため、虫歯を放置するといくつかの問題を引き起こします。


乳歯には永久歯を正しい位置へ誘導する役割があるため、生え替わる前に虫歯などで乳歯を抜いた場合、誘導することができずに永久歯が生えてこなくなることがあります。また、乳歯は永久歯が生えるスペースを確保する役割もあります。乳歯を抜いていた場合、その隙間を埋めるために両隣の歯が寄ってきて永久歯が生えるスペースがなくなり、噛み合わせの乱れの原因となります。

生えてきたばかりの永久歯は乳歯と同じように弱いため、周囲の歯に虫歯菌があると虫歯リスクが高まります。このように乳歯の虫歯は多くの問題を引き起こすので、早期発見と治療に加えて、虫歯の予防もとても重要になります。


お子さまの虫歯予防

お子さんが小さなうちからしっかりと虫歯予防をすることには、以下のメリットがあります。

  •  乳歯に虫歯がなければ、永久歯が虫歯になる確率が減ります

  •  乳歯の虫歯による歯並びの乱れを防ぎます

  •  虫歯予防の習慣がつくと、大人になってからの歯周病の予防にもなります

当院では、以下のような虫歯予防を行っています。



シーラント

シーラント 画像奥歯にある溝はプラークや食べかすが溜まりやすく、虫歯のできやすい部分です。
歯ブラシでは届きにくいほど細かい溝があるため、ご自宅で十分なケアができないことがあります。このように歯の溝をフッ素を含んだ樹脂でふさぎ、虫歯を予防する方法をシーラントといいます。

この処置は乳歯や生えたての永久歯に効果的です。シーラントは成長とともに起きる噛み合わせの変化などに対応させるため、定期的に行う必要があります。


シーラントの流れ

STEP1 歯のクリーニング

専用のブラシで歯をクリーニングし、溝もきれいにします

ボックス背景矢印


STEP2 シーラント処理

歯の溝を樹脂で埋め、光を当てて固めます

ボックス背景矢印


STEP3 最終確認

噛み合わせのチェックをします

フッ素塗布

フッ素塗布 画像歯の表面を強化するためにフッ素を塗る処置です。乳歯や生え替わったばかりの永久歯はエナメル質が薄く弱いのですが、フッ素を塗ることで丈夫にすることができます。

虫歯菌が出す酸に対しての抵抗力が高まり、歯の再石灰化を促すことができます。


  • お悩み別メニュー
  • 歯が痛む・歯がしみる[一般歯科]
  • 歯ぐきから血が出る 歯がぐらぐらする[歯周病]
  • 歯が抜けてしまった[インプラント]
  • 健康な歯を保ちたい[予防歯科]
  • 歯を白くしたい 歯ぐきをきれいにしたい[審美歯科・ホワイトニング]
  • お子様の歯を守りたい[小児歯科]
  • 歯並びが気になる[矯正歯科]
  • 親知らずの抜歯をしたい 顎が痛む[親知らず外来・口腔外科]

医療法人社団 栄潤会

Copyrightc医療法人社団 栄潤会 LaLaテラス歯科クリニック All Rights Reserved.