矯正歯科

矯正歯科

矯正歯科矯正歯科では、歯並びと噛み合わせを整える矯正治療を行います。

「上下いずれかの前歯が前に出ている」、「歯と歯のすき間が大きい」、「歯によって生え方が違う」など、さまざまな不正咬合があります。歯並びや噛み合わせに問題があると、見た目が悪いだけではなく、肩こりや頭痛、顎関節症などを引き起こす恐れがあるため、早めの矯正治療をご検討ください。

矯正治療では、ブラケットとワイヤー、マウスピースなどを用いて歯を動かします。矯正装置と言えば非常に目立つイメージをお持ちの方もいらっしゃいますが、近年では目立たない装置も登場しております。患者さまのご希望に沿った矯正治療をご提案いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

矯正治療の種類

マウスピース矯正

マウスピース矯正マウスピース矯正とは、透明で薄いマウスピースを装着して歯並びを整える矯正治療です。

ブラケットとワイヤーを使った矯正治療と比べて歯を動かす力が弱いため、適用できる症例が限られています。しかし、口を開けてもマウスピースが目立たず、矯正治療中であることを周りの人に気づかれる心配がほとんどありません。また、マウスピースは自由に取り外しできるため、食事や歯磨きの邪魔になりません。清潔な口腔環境を保ちやすく、衛生的です。

そして、ブラケットとワイヤーを使った矯正治療とは異なり、金属アレルギーの心配がありません。 当院のマウスピース型矯正装置(インビザライン)は、3D光学スキャナーで歯型を採取し、精密なマウスピースを作製する治療法です。従来の歯型とりのように、印象材を口に入れる必要がないため、不快感を大きく抑えられます。

成人矯正

成人矯正成人矯正とは、大人になってから受ける矯正治療のことです。矯正治療に年齢制限はないため、ご高齢の方にも受けていただけます。歯並びは、仕事やプライベートにおける口元の印象に大きく関わるため、大人になってから矯正治療をご希望になる方は少なくありません。

当院では、仕事の都合上、目立つ矯正装置を使えないという方には、裏側矯正やマウスピース矯正をおすすめしております。患者さまのライフスタイルやご予算に適した矯正治療をご提案いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

小児矯正

小児矯正小児矯正とは、子供のころに受ける矯正治療のことです。成長期のお子さまは、顎の成長をコントロールして歯並びを整えられます。矯正治療を早い段階に受けることで、歯ブラシがすみずみまで届くようになることでむし歯や歯周病のリスクを低減できます。

また、発音が明確になることでコミュニケーションに対して前向きな気持ちになれたり、不正咬合によるコンプレックスを解消できたりもしますので、お子さまの心身の健康を守りたい親御さまは、小児矯正をご検討ください。

矯正装置の種類

ブラケット矯正

ブラケット矯正ブラケット矯正とは、歯の表側にブラケットを取り付け、ワイヤーを通して歯を動かす方法です。矯正装置が目立ちますが、幅広い症例に適用できるというメリットもあります。

また、透明や白色のワイヤーを使うことで、目立ちやすさを軽減できます。

裏側矯正

裏側矯正裏側矯正は、歯の裏側にブラケットを取り付けてワイヤーを通し、歯を動かす方法です。従来の裏側矯正は、舌が矯正装置に当たることで発音や食事に支障をきたしていました。

しかし、現在は小さい矯正装置を使用できるため、そのような問題が起こりにくくなっています。 周りの人に矯正していることを知られたくない、仕事の都合上、目立つ矯正治療ができない方は、当院の裏側矯正をご検討ください。

インプラント矯正

インプラント矯正インプラント矯正とは、小さなインプラントをアゴの骨に埋め込み、それを固定源にして歯を動かす方法です。従来の矯正治療では、周りの歯を固定源とするため、動かしたくない歯まで動いてしまうケースがありました。

インプラント矯正の固定源となるインプラントは非常に強固であり、周りの歯に影響を及ぼすことなく歯を理想的な位置へ動かせます。

矯正治療の流れ

Step1.カウンセリング

カウンセリング患者さまのお口の中を確認したうえで、矯正治療の種類や大体の治療期間、費用などをお伝えいたします。どのような疑問にもお答えしますので、お気軽にお尋ねください。

Step2.検査、診断

検査、診断治療計画を立てるために必要な情報を集めるために、レントゲン撮影と顔・お口の中の写真撮影を行います。また、噛み合わせの検査や歯型とりなども行い、現在の歯並びの情報を取得します。

Step3.検査結果・治療計画のご説明

検査結果・治療計画のご説明検査結果を踏まえて治療計画を立て、具体的な治療法や治療期間、費用を詳しくご説明いたします。ご納得いただいてから治療を開始いたしますので、不明点や疑問点はお気軽にお尋ねください。

また、むし歯や歯周病がある場合は、矯正治療よりも先にそれらの治療を行う必要があります。その際には、むし歯や歯周病の治療を踏まえた治療計画を立てます。

Step4.治療開始

治療開始矯正装置を使用して、歯を動かしていきます。矯正治療中は、定期的にチェックを受けていただき、必要に応じて矯正装置を調整します。

痛みが出た際には、通院日ではない日でもお気軽にご相談ください。

Step5.保定・観察期間

保定・観察期間歯並びが整えば矯正装置を取り外し、保定期間へと移行します。移動したばかりの歯は元の位置に戻ろうとするため、保定が必要です。歯に保定装置を取り付け、2~3ヶ月は経過観察します。

保定の完了後は、3~6ヶ月に1回の頻度でメンテナンスにお越しください。歯並びと噛み合わせが維持できているかをチェックしつつ、むし歯や歯周病の有無を確認します。

一番上に戻る
03-3805-461803-3805-4618 WEB予約WEB予約 LINEチャット相談LINEチャット相談
  • インプラントネット インプラント治療専門サイト
  • ICOI
  • 厚生労働省指定 臨床研究施設
  • Nobel Biocare
  • ASTRA TECH IMPLANT SYSTEM
  • OSSTEM IMPLANT