• ホーム
  • 安心7カ条
  • 医院紹介・アクセス
  • スタッフ紹介
  • お悩み別メニュー
  • 料金表

歯ぐきから血が出る、歯がぐらぐらする(歯周病治療)

歯周病とは

歯周病とは 画像歯周病は、プラーク(歯垢)の中の歯周病菌が歯ぐきの炎症を起こす病気です。歯周病が進むと歯ぐきからの出血、歯がぐらぐらするという症状が始まり、最後には歯を支えている顎の骨が溶け歯が抜け落ちてしまいます。初期段階では自覚症状が少ないため、いつの間にか進行していることが多く、気づいた時には手遅れということも珍しくありません。

歯の根元に付いたプラークの中の歯周病菌は、バイオフィルムと呼ばれる強固な膜でくっつき、この中で増殖していきます。この歯周病菌は毒素を出し、周囲の歯ぐきに炎症を起こします。歯を支える組織は、目に見える歯ぐきである「歯肉」、歯肉と歯の表面をつなげる「歯根膜」、歯ぐきの中の歯を支える骨の「歯槽骨」で構成されていますが、歯周病はこれらの組織を壊していきます。

歯周病にかかると症状の進行に応じて歯ぐきの腫れ、出血、歯のぐらつき、口臭が見られるようになり、最終的には歯を失うことになりますが、近年ではさまざまな全身疾患との関係も報告されています。

歯周病は、普段の歯磨きなどでお口の中を清潔に保つことで防ぐことができます。逆に歯周病の治療が終わっても、正しいケアができていないと再発してしまう病気でもあります。少しでも不安な症状のある方はお早めに相談いただけますと、お口の中の状況の確認と適切なケアの方法や治療方法をご提案します。

歯周病の進行について

歯周病とは 画像歯周病になると歯ぐきが腫れ、歯と歯ぐきの間の溝が深くなります。進行とともに、この腫れと溝が広がり、周囲の組織が破壊されていきます。


健康な歯肉

正常な歯ぐきは、淡いピンク色で引き締まっています。



歯周炎

歯ぐきが炎症を起こしている状態を歯周炎と呼びます。歯ぐきが赤くなり、歯磨きで出血することがあります。



軽度歯周炎

炎症が進行すると、歯ぐきが少し充血したような赤みを帯び、腫れが見られるようになります。歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)が形成され、プラークと歯石が歯周ポケット内に見られるようになります。歯槽骨が失われ始めます。



重度歯周炎

歯周病がさらに進むと、歯槽骨の多くが失われ、歯ぐきが後退することで、歯が長くなったように見えます。歯がぐらつき噛みづらくなり、膿や口臭が出ます。



歯周病の治療方法

歯周病とは 画像症状に合わせて治療を行います。


スケーリング

歯の表面に付いたプラークや歯石を、スケーラーという器具を使って取り除きます。徹底的にクリーニングすることで進行を防ぎます。

スケーリング 画像



ルートプレーニング

スケーリング後、歯周ポケット深くに付いたプラークや歯石を取り除きます。同時に歯面を滑らかにします。歯面をツルツルにすることでプラークが再度付くことを防ぎます。



歯周外科処置(フラップ手術)

歯周病が進行して歯周ポケットが深くなると、スケーリング・ルートプレーニングだけでは歯石を取り除けないことがあります。この際、麻酔をして歯ぐきを開き歯根に付いた歯石やプラーク、感染した歯周組織を取り除きます。歯根部分の状態を実際に目で見て確認することができるため、徹底的な除去が可能です。



歯周病治療の流れ

カウンセリング 写真

カウンセリング

まずは患者さんの症状やお悩みを伺います。その上で、食生活や生活スタイルなどを伺い、歯周病の原因となっている生活習慣の問題点を確認します。

ボックス背景矢印


検査 写真

歯磨き指導

お口の中の状態を確認します。歯ぐきの状態、歯周ポケットの深さ、出血の有無や歯のぐらつきを検査します。
歯周ポケットの深さが2mm以下であれば正常、3~5mmでは中程度、6mm以上は重度の歯周病を示します。お口の中の細菌も調べ、患者さんの状態に合わせた治療計画を立てます。

ボックス背景矢印


歯磨き指導 写真

歯磨き指導

歯周病の治療は、正しい歯磨きから始まります。
患者さんそれぞれに歯磨きの癖があり、歯並びによって磨きづらいところもあるため、その方に合う磨き方を指導します。
毎日の歯磨きによって歯周病の原因となるプラークを取り除けるようにします。

ボックス背景矢印


治療 写真

治療

患者さんの症状に合わせて、スケーリングやルートプレーニングなどの治療を行います。

ボックス背景矢印


再検査 写真

再検査

一通りの治療が終了し少し経過を見て、もう一度お口の状態を検査します。
改善が見られない場合は今後の治療計画を立て、経過が良好であればメインテナンスに移ります。

ボックス背景矢印


メンテナンス 写真

メンテナンス

3~6ヵ月に一度、定期的にお越しいただき、お口の状態の確認と歯石などのクリーニングを行います。
定期的なメンテナンスで、歯周病が再発していないか、正しい歯磨きができているかの確認ができます。


  • お悩み別メニュー
  • 歯が痛む・歯がしみる[一般歯科]
  • 歯ぐきから血が出る 歯がぐらぐらする[歯周病]
  • 歯が抜けてしまった[インプラント]
  • 健康な歯を保ちたい[予防歯科]
  • 歯を白くしたい 歯ぐきをきれいにしたい[審美歯科・ホワイトニング]
  • お子様の歯を守りたい[小児歯科]
  • 歯並びが気になる[矯正歯科]
  • 親知らずの抜歯をしたい 顎が痛む[親知らず外来・口腔外科]

医療法人社団 栄潤会

Copyrightc医療法人社団 栄潤会 LaLaテラス歯科クリニック All Rights Reserved.