ブログ

2022.06.13

煙草により歯周病のリスクが上がります

 

 

 

 

 

 

 

LaLaテラス歯科クリニックです。
本日は煙草により高まる歯周病リスクについてお話しします。

 

『煙草により歯周病のリスクが上がります』

煙草の煙にはニコチンや発がん性物質などをはじめとする、200~300種の有害物質が含まれているとされています。

煙草の影響でヤニがついたり口臭が発生・悪化したりすることは有名です。

しかし、それだけでなく歯周病(歯槽膿漏)のリスクも上がりますし、実際に発症するとエスカレートしやすくなると言われています。

また、治療を行っても改善しにくいことも判明しています。

また、1日10本以上煙草を吸う人の歯周病リスクは通常の5.4倍、10年以上喫煙していると4.3倍になるというデータが存在しますし、重症化しやすくなることも分かっています。

 

『煙草が口内に及ぼす影響について』

喫煙していると「歯肉の腫れ」や「出血」が目立ちにくくなるため、歯周病を自覚するのが難しくなる傾向にあります。

治療を行っても歯肉の状態が改善しにくい(全く良くならないわけではありません)ですし、「煙草を吸わない人」に比べて手術の効果も出にくいです。

そして、治療を終えてからも煙草を吸い続けていると、また歯肉の状態が悪化していく可能性が高いです。

なぜなら煙草の「ニコチン」には、血管を狭くして、身体を栄養不足・酸欠にする働きがあり、「一酸化炭素」には「組織に対する酸素供給」を阻害する作用があるからです。

さらにニコチンは、身体の免疫機能を乱しますから、アレルギーが発生しやすくなったり、病気への抵抗力が下がったりします。

加えて「傷を治癒させようとして、組織を形成してくれる細胞」の動きも邪魔しますから、手術後も改善しにくくなります。

また、歯の表面に「ヤニ」として残存し、歯をザラザラにして、ばい菌などを付着しやすくさせます。そしてずっと歯肉や口内にニコチンが染み出し続けることになります。

 

『禁煙がおすすめです』

禁煙によりこれらのリスクが下がると判明しています。
「歯周病のリスク」に関しては約40%低下します。手術後の経過に関しても、煙草を吸わない人とほとんど変わらなくなります。

また、「煙草を吸う人」の肺がんリスクは「吸わない人」の4.5倍ですが、煙草をやめることで、4年で2.0倍、5年で1.6倍、10年で1.4倍と徐々に改善されていきます。

 

少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

南千住駅から徒歩4分の歯医者
《 LaLaテラス歯科クリニック 》
東京都荒川区南千住4-7-2 LaLaテラス南千住2F

2022.05.13

予防治療の8つのメリットとは?②

 

 

 

 

 

 

 

 

LaLaテラス歯科クリニックです。
本日は予防治療のメリットについてお話しします。

 

5:健康寿命が延びる

健康寿命:介護を受けず、自力で最低限の生活を送ることができる期間(一般的な意味での寿命とは違います)

残っている歯の本数が多いほど、健康寿命が延びるという研究データがあります。

 

6:認知症のリスクが下がる

歯の本数が少ないほど、認知症のリスクが上がります。脳の前頭葉や海馬の容積が小さくなってしまうからです。
歯の本数が20本未満で、かつ入れ歯などを使っていないお年寄りの場合、認知症のリスクがおよそ2倍になるというデータも存在します。

 

7:他の病気のリスクも下がる

糖尿病と歯周病は、互いに悪影響を与えると判明しています。また、歯周病菌の影響で動脈硬化が起き、心筋梗塞や脳梗塞になりやすくなると言われています。さらに、歯周病菌が肺に入り込むことで、誤嚥性肺炎のリスクが高まると見られています。

歯を守ることで、歯とは直接関係のない様々な疾患も防ぎましょう。

 

8:将来的な高額出費を避ける事ができる

予防歯科によって、歯周病や虫歯をはじめとする口内の疾患、さらには全身の疾患のリスクを下げることができます。これにより将来的な医療費の負担を大きく下げることが叶います。

もちろん予防歯科も無料ではありませんが、コストパフォーマンスは非常に良いと言えるでしょう。

 

少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

南千住駅から徒歩4分の歯医者
《 LaLaテラス歯科クリニック 》
東京都荒川区南千住4-7-2 LaLaテラス南千住2F

2022.04.12

予防治療の8つのメリットとは?①

 

 

 

 

 

 

 

 

LaLaテラス歯科クリニックです。
本日は予防治療の8つのメリットについてお話しします。

1:歯周病や虫歯を早めに見つけられる|防ぐことができる

予防歯科の習慣があれば、歯周病や虫歯を早期発見して、少ない負荷(歯をあまり削らなくて済むなど)で治療することができます。また、歯のクリーニングをすることで歯周病や虫歯を未然に防ぐことも叶います。

さて、初期段階の虫歯では痛みがなく、自覚できるケースはほとんどありません。「痛くなるレベルの虫歯」はかなりエスカレートしている場合が大半であり、治療を行っても完治しない可能性が高いです。できる限りの治療を施しても、歯の寿命が短くなってしまいます。

歯周病も、痛みもないまま悪化していくものです。そして、歯が揺れて抜けそうになって、はじめて異変を自覚するという方もいます。

 

2:健康な歯を長期的にキープできる

虫歯治療などで歯を削ると、歯の寿命が短くなりますし、削った歯を元に戻すことはできません。ですから可能な限り歯を削らず、健康な状態をキープすることが重要です。
歯を失うほど、噛める食べ物が少なくなり、食事の楽しみも失われていくことでしょう。人間にとって食事はとても大事なものですから、そのまま生活の質(QOL)が大きく下がっていってもおかしくありません。

ですが予防歯科をすれば歯を守ることができます。

特に小さな頃から予防歯科を受けさせることで、お子さんが「たびたび歯医者に行って歯を守るのが当然である」と認識すれば、一生自分の歯を大事にすることができるはずです。

 

3:歯の見た目もきれいになる

予防歯科では「PTMC」で仕上げをします。PTMCではブラシと専用の薬を使って、歯を入念にクリーニングします。一般家庭で行えるレベルの歯の清掃ではなく、歯に付着した着色汚れなども除去することができます。
これにより歯の見た目が美しくなります。

 

4:痛みを感じなくて済む

予防歯科によって虫歯などを早めに見つけることができれば、痛みで困る前に治療をすることが叶います。また、初期段階の虫歯の場合、治療中もほぼ痛くありません。
麻酔を使うケースも少ないですから、治療費や所要期間も抑えることができます。

 

少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

南千住駅から徒歩4分の歯医者
《 LaLaテラス歯科クリニック 》
東京都荒川区南千住4-7-2 LaLaテラス南千住2F

2022.02.11

歯を悪くしないための予防習慣①

 

 

 

 

 

 

 

 

LaLaテラス歯科クリニックです。
本日は歯を悪くしないための予防習慣についてお話しします。

 

【1】鼻呼吸を意識する
口呼吸は口腔内の乾燥を引き起こし、細菌が繁殖しやすい環境をつくります。
そのため、口呼吸にならないよう、できる限り鼻呼吸を意識します。
鼻炎や花粉症などの耳鼻科の治療は積極的に受けると良いです。

 

【2】ストレスはできる限り発散させる
ストレスもまた、口腔内に影響を及ぼします。
具体的には、ストレス過多になると唾液の分泌量が減り、口腔内の乾燥を引き起こします。

さらに就寝中の歯ぎしりが起こりやすくなり、歯や歯茎などの組織に負担がかかります。
適度に運動するなど、できる限りストレスを溜め込まないようにしましょう。

 

【3】歯ぎしりに注意する
就寝中の歯ぎしりは意識してやめるのが難しいところです。
歯科に行けば、歯ぎしりから歯を守るためのマウスピースを作成してもらえますので、相談してみるのがおすすめです。

 

【4】定期的なメインテナンスを受ける
歯に症状が出てから歯医者に行っても、せいぜい進行を遅くする程度しかできません。
定期的に歯医者に通ってメインテナンスを受けることで、虫歯や歯周病の予防を確実にすることができます。
健康な歯を長く維持するためにも、是非ご検討ください。

 

少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

南千住駅から徒歩4分の歯医者
《 LaLaテラス歯科クリニック 》
東京都荒川区南千住4-7-2 LaLaテラス南千住2F
TEL:03-3805-4618

2022.01.28

セラミック治療のポイントとは?

 

 

 

 

 

 

 

 

LaLaテラス歯科クリニックです。
本日はセラミック治療のポイントについてお話しします。

 

『セラミック治療とは?』
セラミック治療とは、天然歯と近しい色合い・質感・丈夫さという特性を持つセラミック素材を用いて、失った歯を補うための治療法です。

 

『セラミック治療のポイント』
①ご自身の歯の色合いに調整ができる
セラミックは、天然歯のような複雑な色合いでも再現が可能なため、限りなく自然な仕上がりになります。
銀歯のように口を開けた際に目立つことがないため、より素敵なお口元になります。

②変色しないため美しさを保てる
セラミックは経年劣化による変色がなく、素材がツヤツヤしているため、歯の輝きをいつまでも保つことができます。
そのため、保険適用となるプラスチック(レジン)よりもセラミックを選択する患者さんが増えてきております。

③耐久性が高いため長期間使用できる
セラミックはプラスチック(レジン)よりも強度が高いためすり減りにくく、長期間使用することができます。
ですが、強い衝撃が加わると割れてしまう可能性もあるため、歯軋りや食いしばりがある方は注意が必要です。

少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

南千住駅から徒歩4分の歯医者
《 LaLaテラス歯科クリニック 》
東京都荒川区南千住4-7-2 LaLaテラス南千住2F
TEL:03-3805-4618

2021.11.12

ホワイトニング直後は控えた方がよい食べ物

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LaLaテラス歯科クリニックです。
本日はホワイトニング後の食事についてご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

 

『ホワイトニング直後の歯は?』
オフィスホワイトニング直後は、歯の表面を保護している皮膜(ペリクル)が剥がれており、色が入りやすい状態になっています。

このペリクルが再生するまで1~2日程かかるため、最低24時間はお食事の内容を気を付けてください。

 

『ホワイトニング後は控えた方がいい飲食物』
・ポリフェノールを多く含む食品
赤ワイン、ココア、チョコレート、ぶどう など

・飲み物
コーヒー、紅茶、緑茶、炭酸飲料 など

・色の濃い食品
カレーライス、醤油、ソース、ケチャップ、味噌 など

・酸性度の高い食品
お酢、レモン、マスタード、香辛料 など

 

ですが、場合によっては、お食事の制限ができないこともあると思います。
そのような時は、

・お食事前にお水を一杯飲む
・お食事中はこまめに水を飲む
・お食事後は直ぐに歯を磨く

この3点を意識してみてください。

本日は以上となります。
最後までお読みいただきありがとうございます。

 

南千住駅から徒歩4分の歯医者
《 LaLaテラス歯科クリニック 》
東京都荒川区南千住4-7-2 LaLaテラス南千住2F
TEL:03-3805-4618

 

 

2021.10.02

着色汚れ(ステイン)の原因と除去の方法とは?

 

 

 

 

 

 

 

LaLaテラス歯科クリニックです。
本日は着色汚れの原因とその除去の方法についてお話しします。

 

『ステインが付着する原因とは?』
毎日歯磨きをしていても、月日が経つにつれて着色汚れ(ステイン)は少しずつ蓄積していき、黄ばんだりくすんだりしてきます。

ステインの形成には、2つの物質が関係しています。
それは飲食物に含まれる「ポリフェノール類」と、歯の表面のエナメル質を覆っている「ペリクル」というタンパク質です。

この2つが結びつくことによってステインが形成されます。
その他にも、たばこの「ヤニ」も頑固なステインとなります。

 

『ポリフェノールを豊富に含む食品とは?』
・コーヒー
・紅茶
・赤ワイン
・チョコレート
・ぶどう
・カレー

 

『ステインを除去する方法』
ホワイトニング用の歯磨き粉には研磨剤が多く含まれているため、通常の歯磨きでは落としにくい着色汚れも落とすことが可能です。
ですが、エナメル質や歯肉を傷つけるリスクもあるため注意が必要です。

歯科医院では「PMTC」と呼ばれる専用の機材と薬剤を使用したクリーニングを受けることで、歯の着色汚れをキレイに除去することができます。

 

少しでも参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

※当院では感染対策を徹底し治療をおこなっております。

 

南千住駅から徒歩4分の歯医者・歯科
《 LaLaテラス歯科クリニック 》
東京都荒川区南千住4-7-2 LaLaテラス南千住2F
TEL:03-3805-4618

2021.09.18

プラーク(歯垢)とは

 

 

 

 

 

 

 

 

LaLaテラス歯科クリニックです。
本日はプラーク(歯垢)についてお話しします。

 

『プラーク(歯垢)とは』
プラークとは、歯の表面や歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目に付着している細菌のかたまりです。
プラークは白くネバネバとしており粘着性が強いため、うがいをしても取れません。
そして、プラーク中には500種類以上の細菌が存在しており、プラーク1mg当たりには1億個以上の細菌が存在していると言われています。

 

『プラークを除去してむし歯・歯周病を予防しよう』
むし歯や歯周病など口腔内のトラブルを予防するために、歯ブラシに加えてデンタルフロスや歯間ブラシを使って、効率的にプラークを除去しましょう。
デンタルフロスを併用することでプラークの除去率は1.5倍になります。

また、プラークが石灰化すると歯石(灰白色の硬いかたまり)へと変化し歯磨きでは落とせなくなってしまいます。
そういう時は、歯科医院で専門家によるクリーニング(PMTC)を受け、しっかり除去するようにしましょう。

 

いつまでもご自身の歯で食事を楽しめるように予防にも注力していきましょう。

少しでも参考になれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございます。

 

南千住駅から徒歩4分の歯医者
《 LaLaテラス歯科クリニック 》
東京都荒川区南千住4-7-2 LaLaテラス南千住2F
TEL:03-3805-4618

2021.08.06

歯周病と肥満の関係性とは

 

 

 

 

 

 

 

LaLaテラス歯科クリニックです。
本日は歯周病と肥満の関係性についてお話しします。

 

『肥満が歯周病を悪化させる?』
研究の結果より、実は歯周病と肥満は相互に関係しており、歯周病が肥満を引き起こし、肥満が歯周病を悪化させることが明らかになってきています。

そして九州大学の調査では、健常者の20~59歳の成人ではBMI値が高いほど歯周病患者の割合も高いことが判明したのです。

BMI値が20未満(やせ、正常)の人が歯周病にかかるリスクを「1」とすると、

・BMI値=20~25(正常)の人は「1.7倍」
・BMI値=25~30(肥満1度)の人は「3.4倍」
・BMI値≦30(肥満2度以上)の人は「8.6倍」

歯周病リスクが高まるという調査結果となりました。

※BMI:body mass index。肥満の判定基準として用いられている指数。

 

『肥満と歯ぐきダメージ』
また、脂肪細胞より分泌される「TNF-α」という物質は、歯槽骨(歯を支える骨)を溶かしている事がわかっています。

現時点でははっきりと解明された訳ではありませんが、肥満の人はこの脂肪組織が多いため「TNF-α」が多量に分泌され、健常者よりも歯槽骨の吸収を早くなり、歯周病が進行しやすくなるのではないかと考えられています。

 

『まとめ』
このように、歯周病と歯周病には密接な関係性があります。
その他にも歯周病は全身の様々な病気リスクと関係がありますので、生活習慣を見直し健康な身体を目指しましょう。

もちろん、毎日の歯磨きも大切ですが、歯磨きだけでは汚れを落としきれないため、定期的に歯科医院でお口の中を診てもらい、ケアをしていきましょう。

 

少しでも参考になれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございます。

※当院では患者様に安心して治療をお受けいただくために、感染対策を徹底しております。

 

南千住駅から徒歩4分の歯医者
《 LaLaテラス歯科クリニック 》
東京都荒川区南千住4-7-2 LaLaテラス南千住2F
TEL:03-3805-4618

2021.07.29

フッ素でむし歯予防!

 

 

 

 

 

 

 

LaLaテラス歯科クリニックです。
本日はフッ素塗布についてお話しします。

 

『フッ素塗布とは』
幼児期の歯は乳歯も生えたての永久歯も軟らかく、細菌が作り出す酸に弱いため、むし歯になりやすいという特徴があります。むし歯を発症すると、進行も早くなります。

その予防や初期治療を効果的に行なうための処置が「フッ素塗布」です。

 

『フッ素のメリット』
フッ素を塗ることで歯の表面の歯質を強くします。

また、むし歯になりかかっている歯の再石灰化(溶けた歯を修復する)を促進させます。

さらに、むし歯菌が出す酸の生成を抑制する作用があるため、歯が溶かされるのを防いでくれます。

 

『まとめ』
フッ素塗布は定期的に行なうことでより効果が現れます。
幼児の頃から予防の習慣を身につけ、大切な歯を守っていきましょう。

 

本日は以上となります。
最後までお読みいただきありがとうございます。

※当院では患者様に安心して治療をお受けいただくために、感染対策を徹底しております。

 

南千住駅から徒歩4分の歯医者
《 LaLaテラス歯科クリニック 》
東京都荒川区南千住4-7-2 LaLaテラス南千住2F
TEL:03-3805-4618

2021.03.19

ブログを開設しました。

LaLaテラス歯科クリニックのブログを開設しました。

一番上に戻る
03-3805-461803-3805-4618 WEB予約WEB予約 LINEチャット相談LINEチャット相談
  • インプラントネット インプラント治療専門サイト
  • ICOI
  • 厚生労働省指定 臨床研究施設
  • Nobel Biocare
  • ASTRA TECH IMPLANT SYSTEM
  • OSSTEM IMPLANT